メルマガ登録

BSファインと他の商品との違い

BSファインと他の商品との違い

“着る岩盤浴”BSファインと他の商品との比較

BSファイン 遠赤外線他素材 発熱性の他素材
着用した感覚 ドライで、汗をかいてもサラサラ ウェット ウェット
温かさのメカニズム 繊維に練りこまれたブラックシリカの遠赤外線で、身体自身が温まる。だから心地よい温かさで、蒸れることもない。 生地を厚くして身体の温度を逃がさないように保温して温める。蒸らして温める。暑いと蒸れてしまう。 発汗すると繊維が汗を吸収して発熱する。着た瞬間はBSファインより温かく感じるが、汗をかかないと温まらない。汗をかきすぎると身体を逆に冷やしてしまう。
温め方 身体の中からじんわり温める。 身体の外から温める。 身体の外から温める。
蒸れ 身体自身が温かくなるので身体が代謝をして調整し、体温以上には上がらず、蒸れにくい。 外の気温が上がってくると身体の熱を放出できないため、汗をかいて蒸れてしまう。 暑くなると汗をかきやすくなり、どんどん発熱する。温かくなると蒸れて着ることができない。
汗をかいた後の身体の冷え 身体自身が温まるので汗をかいても身体は冷えにくい。ポリエステルが冷感素材なので岩盤浴のように汗もサラサラでべたつかない。 汗をかいて寒い場所に入ると体を冷やす。蒸れてべたつき、不快になる。かいた汗が冷える。 寒いと発熱しないが、汗をかいた後に寒い部屋にはいると汗が冷えて身体を冷やす。
疲れ 身体を温めると代謝の活性化し、筋肉の動きがスムーズになり、疲労しにくい。 特に効果がない。 特に効果がない。
素材 ポリエステル繊維。長い繊維で強度が強い。本来冷感素材だが、ブラックシリカの効果でドライで温かく感じる。さらっとした肌触り。 遠赤外線練りこみ素材は、レーヨン・ナイロン・ポリエステルがある。アクリルなどで保温している。 レーヨンが主流。強度が弱い。肌触りはとても良い。
その他 薄くても身体が温まり、体温を調整するため通年利用できる。岩盤浴と同じサラサラの汗がかける。リラックス効果もある。 生地を厚くしているため、基本的には冬限定のものとなる。 基本は冬の機能素材。夏は着用が難しい。
BSファインを着ていると・・・

部分別の冷えに関して

お悩みに合わせて、おすすめ商品をご案内します

部分別の冷えに関して

お悩みに合わせて、おすすめ商品をご案内します

メルマガ登録
top